AICの協賛企業であるSozo Venturesとの共催イベント『コロナ禍におけるベンチャー投資の最新状況を学ぶ』が11/20 (金) 午前8:30 〜 11:00(最大)に開催されます。
慶應生なら誰でも参加可能で、ベンチャー・キャピタルに関する事前知識は不要です。
Sozo Venturesはスタートアップの本場シリコンバレーのベンチャーキャピタルで、Zoom・Twitter・Squareなどにも投資を行なってきました。
数多くのスタートアップを見てきた投資のプロから、コロナ禍のベンチャー投資の最新状況をのお話を伺える貴重な機会です。ベンチャー・キャピタルや、新規プロジェクトに興味のある方は必見です!

※講義などで途中退出せざるを得ない場合も、配慮致しますのでお気軽にお申込みください。

申し込みはこちら!

 

概要

  • 午前8:30〜9:20 Sozo Ventures Phil様と慶應義塾大学理工学部 伊藤公平教授の対談

    • 2つの”言語”(英語&プログラミング)を学ぶ意義とテクノロジーの貢献

    • グローバルなエコシステムの重要性とシリコンバレーの重要性

  • 9:20〜9:50 コロナを踏まえたスタートアップ投資の状況

  • 9:50〜 質疑応答

 

参加方法

まずは、こちらのフォームから参加申込みをお願いします。
本イベントはzoomを用いたオンライン形式での開催です。申込者にはzoomの招待リンクをお送りしますので、時間になりましたらご入室頂けますと幸いです。